プロアクティブでニキビ跡は治せる?

プロアクティブはニキビ跡にも効果はあるのか?

img

はい、まず結論です!プロアクティブでニキビ跡をケアできるのか?ということですが、「できてすぐにニキビ跡や赤みには良さそう!」ということが言えます。逆に凸凹やクレーターになったもの、古いシミや濃い色素新着などはプロアクティブだけではケアは難しいので、専用のシミ消し化粧品やハリ肌化粧品が必要になると思います。ただ「新しいにキビを予防し作らないことで新しいニキビ跡ができない」という点は大いに評価できると思いますよ!またプロアクティブの最安値は公式でした。【返金保証つき1ヶ月お試しセット】がブラシももらえておすすめです。

お急ぎの方は⇒プロアクティブ公式へ

 

ランキング

img

ランキング

申し込み

 

プロアクティブでニキビ跡は治せるの?

Q.わたしの顔にはニキビだけでなく、ニキビ跡も残っていて、色素が沈着している部分もあります。こうした症状でも、プロアクティブは使えるのでしょうか?このニキビ跡は治るのでしょうか?

 

 

 

 

 

A.ニキビ跡には大きく分けると3種類あるので、それぞれの症状に合わせたケアが必要になります。

 

ニキビが治ったあとにできる「ニキビ跡」って嫌ですよね。

 

ニキビ跡をそのままにしておくと、シミが濃くなったり、またその部分にニキビができたりすることもありますから、早めにケアするのがおすすめです。

 

img

 

一口にニキビ跡といいましても、種類があります。

 

そのニキビ跡の種類別にケア方法をご紹介してみますね!

 

 

【赤みのある状態】

 

 

ニキビが出て皮膚が炎症を起こすと、毛細血管が作られます。

 

この部分の皮膚は薄くなっていて、毛細血管を流れる血液が目立つため、赤みが発生してしまうのです。

 

この状態ですと、油断するとまたそこに繰り返しニキビができてしまうおそれもあります。

 

ニキビができて炎症になっている部分は刺激を与えず優しくニキビ専用ケアでお手入れをするようにしましょう。もちろんプロアクティブがおすすめですよ。

 

 

img

 

 

【色素が沈着している状態】

 

 

ニキビの炎症によって肌に活性酸素が発生すると、メラニン色素が発生します。

 

肌のターンオーバーが正常なら、このメラニン色素は剥がれ落ちてゆきますが、ニキビのせいで肌の再生が狂っているとメラニンが残って色素沈着の状態になってしまいます。

 

肌のターンオーバーを回復させるには

 

  • 睡眠をしっかりとる(夜10時から翌2時は特に)
  • 保湿に気をつける(肌が乾燥すると代謝が乱れます)
  • 規則正しい生活
  • 食事にも気を配る
  • ストレスをためない

 

などを毎日の生活で気をつけてみるといいですね。

 

ただ完璧にこれらをこなそうとすると、かえってストレスになってしまいますので、あくまでも自分の生活でやれる範囲でまずは取り組んでみましょう。

 

 

 

【クレーターになっている状態】

 

肌がへこんでいる状態というのは、皮膚の表皮の下にある真皮層にまでダメージが及んでいます。

 

真皮層では表皮のように肌のターンオーバーが行われないので、肌がへこんだ状態になることがあります。

 

クレーターになっているニキビ跡以外は、肌のターンオーバーが正常に行われるように体質改善する必要があります。

 

そのためには、野菜やコラーゲンを積極的に食べたり、睡眠時間を多くとったりすることが重要です。

 

 

プロアクティブが使えるかどうかということですが、

 

あまりにも炎症がひどい状態の場合は炎症が治まってからのほうがよい

 

でしょう。

 

img

 

またプロアクティブにはサリチル酸が配合されております。

 

こちらはピーリング作用もありますから、ニキビ跡で悩んでいる方にはプロアクティブを使い続けることでニキビ予防もニキビ跡ケアもできると思います。

 

ニキビが治ったばかりでもニキビ跡があるなら「またすぐにニキビを繰り返す可かもしれない」という状態。

 

気を抜かずにしっかりプロアクティブでのケアを続行しながら、ターンオーバーを通じて徐々にニキビ跡のシミを排出していくようにしましょう。

 

私が使ったときの効果について書いたページもあるのでそちらも見てもらえたら参考になるかもしれません。>>プロアクティブ私のニキビで効果を実験【写真あり】

 

お急ぎの方は⇒プロアクティブ公式へ

プロアクティブにはニキビ跡に良い成分が配合されている

img

 

ニキビ跡はほったらかしにしていてもきれいになりません。

 

たしかにターンオーバーを繰り返して徐々にシミや赤みや凸凹クレーターなどはわずかに改善するかもしれませんが、やはりできるだけスキンケアで肌の再生を助けてあげたほうが早くきれいになるでしょう。

 

プロアクティブはニキビ肌専用プログラムですが、ニキビ跡にも良い成分が配合されています。

 

ビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体はニキビにも良いですが、ニキビ跡にもとても嬉しい成分です。

 

抗酸化作用が素晴らしく、皮脂の分泌を抑えたりコラーゲンをつくる働きを助けたりして肌そのものを美肌にする効果が高いので、ニキビ化粧品だけでなくシミケアやエイジングケア・毛穴ケアなど様々な化粧品に配合されている成分です。

 

またビタミンC誘導体は「美白有効成分」として厚生労働省から認可されている成分です。

 

「メラニン生成の抑制」「メラニン還元作用」の大きな二つの柱がビタミンC誘導体の美白効果の特徴です。

 

メラニンをつくらない=シミ・ニキビ跡の色素沈着をつくらない
メラニン還元作用=シミ・ニキビ跡の色素沈着を改善する

 

ということで、ビタミンC誘導体が配合されているプロアクティブはニキビ跡へのアプローチもできると考えられます。

 

サリチル酸

 

先ほど上のほうですこしお話したサリチル酸。

 

こちらはピーリング剤に配合されていることでも有名ですね。

 

ピーリングは肌の表皮の古い角質を溶かして、肌のターンオーバーを促進させるというものです。

 

img

 

ニキビやニキビ跡ができていたり、毛穴の皮脂づまりや黒ずみが酷い場合、また加齢などによって新陳代謝は遅くなりがちです。

 

そこでピーリングをして肌の代謝を正常な状態にして美肌を目指すという考え方なのですね。

 

ただ、ピーリングはやりすぎると刺激が強すぎて危険です。

 

かえって肌を傷めてしまったりトラブルを引き起こす事もあるので、ピーリング石けんやジェルなどを使うときは気をつけて欲しいと思います。

 

プロアクティブに配合されているサリチル酸は、あくまでもピーリング目的オンリーではなく、ニキビケア目的ですから、ピーリング石けんなどのように強力ではありません。(ピーリング石けんの強いものは本当に強くて、一発で皮がむけたこと、私はあります・・)

 

プロアクティブには保湿成分もしっかり配合されていますし、私もプロアクティブを使ってニキビ・ニキビ跡ケアをしていましたが、肌荒れのトラブルはありませんでしたから、その点は安心して大丈夫だと思います。

 

ただ敏感肌や過去にサリチル酸で荒れたことがある方はパッチテストをしたりしてから使うほうが安全でしょう。返金保証もありますから、試してみるのが一番良いと思いますよ。

 

私が体験したプロアクティブ!

ランキング

img

ランキング

申し込み